専業主婦 年金保険料

旦那が失業!専業主婦に年金保険料が発生するのが不平等でムカつく件

MENU

旦那が失業!専業主婦に年金保険料が発生するのが不平等でムカつく件

こんにちは。
今回は、専業主婦の年金保険料について語っていきたいと思います。

 

もし、あなたの旦那さんがサラリーマンで、厚生年金に加入していれば(※)、
扶養されている専業主婦の奥様は年金保険料の支払いは免除されます。
(※旦那さんが第2号被保険者である場合に限ります)

 

専業主婦にとっては嬉しい制度なので、
あぁ〜、夫がサラリーマンで良かったなぁ〜
と、ほくほくした気持ちになれる専業主婦の人もいることでしょう。

 

しかし、世間では、「サラリーマンの妻だけ優遇されて不平等だ!」という奥様の声が……。
毎日一生懸命働いている女性は、扶養の範囲を超えてしまえば、自分で年金保険料を収めることなりますしね。

 

さらに言ってしまえば、同じ専業主婦でも、
年金保険料の支払いが免除される人とされない人がいるんです。
これが、世間の年金制度が不平等だと言われている理由のひとつです。

 

そこで、このページでは、専業主婦でも年金保険料を自己負担しなければならないケースについてお話していきます。

 

 

旦那が失業したら年金保険料を納めなくてはいけないって本当?

 

まず、冒頭でも言いましたが、旦那がサラリーマンの専業主婦は、年金保険料を納めなくて良いです。

 

国民年金の被保険者は、第1号〜第3号に分けられています。
詳細は以下のとおりです。

 

【国民年金の被保険者の一覧】

第1号:自営業や失業者、学生など。
第2号:会社員や公務員
第3号:第2号の被保険者の扶養に入っている配偶者
(20歳〜60歳。専業主婦など年収130万円未満の妻)

 

第3号の被保険者(専業主婦の妻など)は、夫が会社から厚生年金の保険料を天引きされていれば、年金保険料を免除されます。

 

しかし、この年金制度、以前から「不公平ではないか」と、言われています!
夫の扶養に入らず、正社員としてバリバリ働いている奥様は、年金保険料を自分で納めている。
しかし、その一方で、旦那がサラリーマンの仕事についていない専業主婦は、年金保険料を免除してもらえるわけです。
一生懸命働いている奥様からすると、不公平だと言われてしまうのも、無理はありませんよ。

 

でも、もっと理不尽なケースをご紹介します。
もし、同じ専業主婦でも、
年金保険料を免除してもらえる人とそうでない人がいたら?
実は実際に、そんな不公平な事態が起こっているのです。

 

サラリーマンの旦那が失業したら専業主婦の妻も年金保険料を納めなきゃいけない

 

エプロンの専業主婦

 

 

専業主婦の妻が年金保険料を免除してもらえるのは、旦那がサラリーマンや公務員の場合で、厚生年金や共済年金に加入している場合(※)となります。
(第2号被保険者である場合に限ります)

 

そのため、もし旦那が失業してしまったら……?
夫が厚生年金の年金保険料を納められなくなってしまうので、専業主婦の妻も、自ら年金保険料を納めなくてはならなくなってしまうのです!
たとえ、今まで収入がなかったとしても、急に年金保険料の支払いが義務付けられてしまいます。

 

サラリーマンの夫が失業した場合は、旦那もその妻も、第1号の被保険者となります。
つまりこれは、夫も妻も自分で国民年金を納めなくてはならないということを意味することに。

 

1人につき月16,340円(平成30年度の場合)の国民年金の年金保険料を納めることになってしまうのです。
旦那が失業したうえに、毎月1人16,340円、二人で実に32,680円も年金保険料を負担しなければならないなんて、なかなか厳しいですよね。

 

そもそも夫の失業中は通常は失業保険しか収入が無いわけですし、失業保険の待機期間には収入が全くないというケースも多いのに、こんなに負担しなければならないなんて・・・。

 

いくら夫が、厚生年金を納めなくなったからと言っても、これって不公平だと思いませんか?
サラリーマンは給与から厚生年金を自動的に納めてはいますが、妻の分の年金保険料を給料から納めているわけではありません。
あくまでも、夫が加入している年金制度が、奥様の分の年金保険料を負担してくれていた、ということです。

 

年金制度が専業主婦の年金保険料を負担してくれているのであれば、旦那が失業中だとしても、専業主婦は全員年金保険料の納付を免除してくれたって、よくないですか?
むしろ、失業中だからこそ余計に年金保険料を払うのが大変なわけです。
そこを、なんとか助けてくれる制度がないものかと思ってしまいます。
国は、もう少し考えるべきですよね。

 

専業主婦の年金保険料の目次に戻る

 

 

旦那が失業したら国民年金保険料は免除してもらえるの?

 

失業した旦那

 

旦那が失業したら、2人で32,680円もの国民年金保険料を毎月納めていく必要があるというお話をしました。
実際問題、現実でそんな義務を課せられても、なかなか難しいですよね。
もし、年金保険料を納められない場合は、どのように対策をすればよいのでしょうか。

 

保険料免除制度の申請をしよう

経済的に厳しくて年金保険料を納められないケースでは、「保険料免除制度」を利用することができます。
これは、国民年金の第1号の被保険者が、経済的な事情で年金保険料を納められない時に利用できる制度です。

 

この制度を利用しないと、年金保険料を支払わなかった期間は「未納」として扱われてしまい、将来もらえる年金が減ってしまうこともあります。
未納期間が長いと、最悪の場合年金が受給できない……ということになってしまう可能性もあるのです。

 

そのため、旦那が失業して年金保険料を納めることが難しい場合には、この保険料免除制度を利用しましょう。
申請を行って、承認されると、状況によって全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除のいずれかが適用されます。

 

保険料免除制度の申請を行っておくと、免除されている期間は受給資格期間に算入され、将来年金(老齢年金)を受け取る時には免除された割合に合わせて2分の1〜8分の7が支給されます。(平成30年11月現在)
未納機関が長いと0になることもあるので、旦那が失業した場合にはしっかりと保険料免除制度の申告を行いましょう。

 

旦那が失業したら、扶養内パートで働いている主婦は年金保険料を支払う必要がある?

 

完全な専業主婦ではないけれど、旦那の扶養内でパートをしている主婦も多いと思います。
妻の方に収入がある場合、妻の年金保険料は免除されないのでしょうか。

 

この場合、扶養内のパートであり収入がさほど多くないならば、妻の年金保険料納付も免除となるケースがあります。
ただし、これはケースによって異なる可能性もありますし、あくまでも審査を行って承認されれば免除が決定するということになります。
気になる場合は年金機構に問い合わせしてみましょう。

 

専業主婦の年金保険料の目次に戻る

 

◇旦那の再就職が決まったら、免除された分を「追納」しよう

 

貯金箱

 

きちんと申請をして保険料免除制度を利用した場合には、10年以内に限り、収めていない分の年金保険料を追納することができます。
追納することによって、将来満額に近い金額で年金を受け取れるようになります。

 

もし、あなたの旦那が再就職し、家計に余裕が出てきたら、追納を行いましょう。
もし保険料免除制度の申請を行わず未納の状態になってしまっている場合には、基本的に2年以内に未納分を納めなくてはなりません。
そう考えると、保険料免除制度を申請しておくことは大事だと言えるでしょう。

 

専業主婦の年金保険料の目次に戻る

 

旦那が個人事業主の場合、妻も年金保険料を負担しなければならない!

 

旦那が長年勤めた会社を退職し、個人事業主になった場合も、旦那が失業した時と同じように注意が必要です。

 

これまでサラリーマンだった旦那が個人事業主になるということは、第2号の被保険者から、第1号の被保険者に切り替わりますね。

 

ここで、専業主婦の妻が第3号の被保険者でいられる条件を思い出してみましょう。
「夫が会社員や公務員で厚生年金や共済年金などに加入していて(第2号被保険者)、その夫に扶養されている」事が条件でしたよね。

 

ですから、旦那が個人事業主(第1号被保険者)になってしまうと、専業主婦の妻は年金保険料を免除されなくなります。
2人で月に32,680円、しっかりと国民年金保険料を納めなくてはならないのです。

 

これも、なんだか納得がいきませんね!
旦那は個人事業主としてしっかりと国民年金を納めている……。
それなのに、旦那がサラリーマンの専業主婦だけが年金保険料を免除してもらえて、個人事業主の妻は自分で国民年金保険料を納めなくてはならないなんて!

 

誰がどう考えても、おかしいですよね???
一部の専業主婦だけが優遇されるなんて、いかがなものでしょうか。
サラリーマンの旦那を持つ専業主婦が年金保険料を負担してもらっているのならば、個人事業主の旦那を持つ専業主婦も、旦那が失業中の専業主婦も、全てがその恩恵を受けるべきだと思います。

 

近年の風潮に合っていない制度?

 

まるばつ

 

近年では働き方も多様化してきており、フリーランスという働き方を選択する男性も多くなってきています。
もし、あなたの旦那が、会社を辞めて独立したい! と言い出したらどう思いますか?

 

妻としては、
自分で年金保険料を納めなくてはならないし、サラリーマンのままでいたほうが得じゃないか?
と考える人もいるんじゃないでしょうか。

 

会社に縛られずに、独立して働きたい人が増えてきている近年。
年金制度は、独立する事への足かせとなってしまうとも考えられます。

 

一度しかない人生。
年金の支払いが理由で、家族の反対にあって、独立の夢を諦めなければならないなんて、悲しいことです。
このような時代の流れを考えて、旦那がサラリーマンの専業主婦だけが優遇されるというおかしな制度は、見直すべきなのではないでしょうか。

 

専業主婦の年金保険料の目次に戻る

 

まとめ

 

専業主婦でも年金保険料を支払わなくてはならないケースについて見て来ました。

 

専業主婦で年金保険料の支払いが免除されるのは、サラリーマンや公務員など第2号の被保険者である旦那に扶養されている場合に限ります。
ですから、失業者や個人事業主など、旦那が第1号被扶養者の場合には妻の年金保険料は免除されず、自分で納めなくてはなりません。

 

国民年金の保険料は月に16,340円ですから、夫と妻2人分で月に32,680円も納める必要があります(平成30年11月現在)

 

これって、不平等極まりないですよね。
このような不平等を解消し、時代の流れに合った制度になってもらうことを祈るばかりです。

 

専業主婦の年金保険料の目次に戻る

関連ページ

専業主婦は仕事をしていない?
専業主婦は家にいて仕事をしてないからラク…なわけないでしょ!朝食、掃除、洗濯、買い物、晩御飯、ほかにも色々なことを毎日やっているんです!しかも給料ももらえず、誰にも評価されずにです。この気持ち、同じ専業主婦の方にしかわかりませんよね?
妻はなぜ夫にキレる?
妻はなぜ夫にキレるのか?それは、普段の夫の行いと言わざるを得ません。専業主婦である妻は、いつも家で遊んでいる訳ではありません。普段の生活が滞りなく出来ているのは誰のおかげですか?そのことを夫が考えないといつまで経っても妻はキレますよ?
配偶者控除で専業主婦が思うこと
配偶者控除は結婚された専業主婦の方にとって非常に重要なものになります。簡単に言えば、年間の収入が103万円以下なら一定の所得控除を受けることが出来るという制度になります。そんな配偶者控除で専業主婦は何を思うのでしょうか?ここをお読み頂ければわかります。
専業主婦って暇なの?
専業主婦は暇なの?…いえいえ、そんなはずないでしょ!ていうか、むしろ夫の仕事よりも大変ではないかと思うのですが、皆さんどう思いますか?主婦の家事を年収に換算すると、年収で800万円くらいになる…なんて聞いたことありませんか?とりあえず、ヒマって言われて一言モノ申したい!