専業主婦 悩み

MENU

専業主婦が離婚する前に知っておきたい3つのことって?

夫と離婚したい。
けれど自分は専業主婦だし、経済的に不安で離婚ができない・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

お子さんがいる方なら、なおさら今後の生活に不安を抱くことでしょう。

 

専業主婦が離婚に踏み切る前に、知っておきたい重要なことを3つお話していきます。

 

1.専業主婦が離婚をしたら、子供の親権はどうなる?
お子さんがいらっしゃる専業主婦にとっては、この点が一番気になるのではないでしょうか。
離婚はしたい。けれどももし夫が親権を取ったならば、今後子供にめったに会えなくなってしまうかもしれない・・・。
そう思うと、なかなか離婚に踏み切れませんよね。

 

専業主婦には収入がありませんが、子供が小さければ母親側が親権を取るケースが多いと言われています。

 

ただし調停などになった場合には、子供の年齢以外にも子供自身の意思や、子供に愛情を持っているかどうか、心身ともに健康であるかどうか、経済的余裕や生活環境、子育てに費やせる時間なども考慮されます。

 

これらの事も頭に入れたうえで、離婚をするかどうか検討していきましょう。

 

2.別居することになったら、婚姻費用分担請求を
夫とまだ離婚までは行っていないけれど、別居することになったという方もいらっしゃるでしょう。

 

今まで専業主婦だったわけですからいきなり仕事が見つかるとは限りませんし、仕事が見つかったとしても、すぐに生活していけるだけの十分な収入を得られるとは限りませんよね。

 

夫と別居することになった場合、夫に対して「婚姻費用分担請求」をしましょう。

 

婚姻費用とは、夫婦が衣食住全般に使うお金や、子育てにかかる費用、医療費、娯楽費用などのことを言います。

 

夫婦で同居をしていれば、通常は婚姻費用を分担しているでしょう。婚姻費用の分担は、法律上の義務となっています。

 

しかし別居をはじめたら、夫が妻に生活費を一切支払ってくれなくなったなどというケースもあるようです。
別居をしていてもまだ夫婦であることには変わりありませんから、収入が無い、または収入が夫よりも低い妻は、婚姻費用の分担を受ける権利があります。
夫が生活費を支払ってくれないなどという場合には、婚姻費用分担請求をすることができます。

 

3.「年金分割」という制度があることを覚えておきましょう!
離婚をしたら、自分が独身時代に働いていたときに払った厚生年金や、第三号被保険者として払った国民年金しかもらえないと、老後を不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし「年金分割」をすることにより、婚姻期間中に夫が払っていた厚生年金や共済年金の一部を、妻が受け取ることができるのです。

 

きちんと手続きを行わないと受け取ることができませんから、専業主婦で離婚をお考えなら、「年金分割」という制度があるんだということを頭に入れておき、しっかりと手続きを行うようにしましょう。

 

 

専業主婦が離婚をするとなると、再就職や生活費のこと、住むところを借りられるかどうかなど、考えておくべきことが山ほどあります。
子供がいる場合には、働いている間に子供をどこに預ければいいかということも考えておく必要があるでしょう。

 

何かと費用が掛かりますから、今後離婚をお考えの専業主婦の方は、こっそり費用を貯めておくことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加