専業主婦夫の年収

MENU

夫の年収がいくらあれば専業主婦になれるの?

これから結婚する若い世代の女性の中には、専業主婦願望が強い方も多くいらっしゃると言います。

 

悠々自適に楽しんでいる印象が強い専業主婦。
いったい、夫の収入がいくらあったら、妻は専業主婦になれるのでしょうか。

 

うちは専業主婦しているけれど、本当にこのままで大丈夫なの?と不安な専業主婦の方にも必見の内容ですよ!

 

・現実は甘くなかった!専業主婦になるためには夫の収入はいくら必要?
総務省統計局から出ている統計などによると、妻が専業主婦でいるためには、夫婦二人だけの世帯では月収約38.1万円程度、夫婦と子供一人の世帯で月収約40.3万円程度、子供が二人となると、月収約43.4万円程度の収入が平均となっているようです。

 

つまり、年収に直すと約530万円〜630万円程度は必要だということ!

 

世帯年収の平均金額は400万円程度だと言われているようですので、この収入は平均よりも結構高めということになりますよね。

 

これから結婚を考えていて何としても専業主婦になりたい!と思っている方は、それ相応の高収入の男性と結婚しなければ厳しいと思います。

 

・専業主婦になりたいなら、今から節約や家計管理のスキルを磨こう!
お昼には主婦仲間としょっちゅうランチ、定期的にエステやネイルサロンなどに通い、趣味や習い事に没頭する・・・。
専業主婦に、そういったイメージを持っていませんか?

 

残念ながら、こういった悠々自適な専業主婦ライフを送るには、先ほどお話したような年収が夫にあったとしても、足りないと思っておきましょう。
そういう贅沢な毎日を送っている専業主婦は、専業主婦の中でもほんの一握りです。

 

専業主婦でいる方の多くは、そういった贅沢をしている方ばかりではありません。
家族を優先し、自分のランチは前日の残り物、少しでも安い食材を求めてスーパーをはしごしたり、節約料理で食費を切り詰めたりと工夫して家計をうまく切り盛りしている方の方がむしろ多いはずです。

 

夫の収入がさほど多くなくても専業主婦でいたいのなら、家計管理や節約などに関するスキルを磨いておきましょう。
普段から極力無駄を省くことを念頭に置いて生活してみると、節約癖が付くかもしれませんね。

 

専業主婦の世帯は働く主婦がいる家庭に比べて収入が少ないだけでなく、当然将来もらえる年金にも大きな差が出て来ます。
ですから老後に備え、収入や年金が少ない分の貯金をあらかじめしておく必要があります。
老後なんてまだまだ先、何とかなるでしょ!という甘い考えでは、将来泣きを見ることになってしまうかもしれません。

 

 

働く主婦になるのも、専業主婦になるのも、どちらも甘くないということがお分かり頂けたでしょうか。

 

専業主婦は遅くまで寝ていても怒られないし昼寝もできる!そのうえ遊び歩いていて楽そうだから専業主婦になりたいなどという考えは、甘すぎるうえに専業主婦に対する偏見でしかないと言えるでしょう。

 

専業主婦になる場合にも、手間暇かけて節約をしたり、時には自分を犠牲にしたりと、苦労は必ず付いて回ります。

 

専業主婦でいるって、思っているほど甘いものではないのですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加