専業主婦確定申告

MENU

専業主婦も確定申告は必要なの?

確定申告。
なんだかめんどくさそうだけど、専業主婦の私には関係ないよね?と思っていませんか。

 

今の時代、専業主婦が家に居ながら小遣い稼ぎをすることは比較的簡単です。
アンケートモニター、覆面調査、ポイントサイト、オークション、ハンドメイド品の販売など、小遣い稼ぎの手段はたくさんありますよね。

 

そのようなちょっとしたお小遣い稼ぎをした場合などには、確定申告は必要なのでしょうか。

 

・いくらお小遣いを稼いだら確定申告が必要?
結論から申し上げて、年間の所得が38万円まで(基礎控除内)ならば、基本的には確定申告の必要はありません。(所得によっては住民税がかかる場合がありますから、市役所等に問い合わせてみましょう)

 

「所得」というのは、収入から経費を引いた金額のことを言います。
例えばお小遣い稼ぎで得た収入が40万円だった場合でも、経費を引いて38万円以下になれば確定申告は不要ということになりますね。

 

経費になるのは、そのお小遣い稼ぎに使用した電気代(使用している面積等で按分します)やプロバイダ料金、材料費、文房具代、交通費、新聞図書代などです。

 

このお小遣い稼ぎが家内労働であると認められれば、「家内労働等の特例」を受けることができ、その都度経費を計算しなくても65万円までは経費として差し引くことができます。
つまり、基礎控除の38万円に65万円をプラスした103万円までの収入なら、確定申告が不要ということになります。
ただしご自分に家内労働等の特例が認められて65万円の控除の該当になるかどうかは難しいところですから、年間の所得が38万円を超える場合には、一度税務署に問い合わせをする必要があるでしょう。

 

・専業主婦に確定申告が必要なのはこんな時
専業主婦が自分で作成したハンドメイド品を売ったり、オークションで衣類や雑貨などを売ったりした場合には、年間38万円以上の所得を得ることもあるでしょう。

 

38万円以上の所得があっても家内労働等の特例に当てはまれば、65万円の経費を差し引くことができ、年収103万円までなら確定申告は不要になります。
しかしそれが認められない場合には、実際にかかった経費だけしか差し引くことはできません。

 

経費を差し引いても所得が38万円以上の場合には、確定申告が必要となってきます。所得に応じた所得税も払うことになるでしょう。

 

このときに確定申告を「青色申告」で行えば、65万円の青色申告特別控除を受けることができます。
青色申告特別控除を差し引いた所得が38万円まで(つまり、年収103万円まで)ならば、夫は配偶者控除を受けることができます。
(青色申告をするためには、定められた期日までに開業届や青色申告承認申請書の提出が必要です)

 

ちなみに青色申告の控除には2種類あり、複式簿記で青色申告を行わなかった場合には10万円の控除しか受けられませんので注意しましょう。

 

・配偶者控除と配偶者特別控除
先ほど、収入が103万円まで、つまり妻の所得が年間38万円までの場合、夫は配偶者控除を受けることができるとお話ししました。
では、妻の所得が年間38万円を超えてしまったらどうなるのでしょうか。

 

その場合には、妻の年間所得が76万円まで(収入141万円まで)ならば、「配偶者特別控除」を受けることができます。(夫の年間所得が1,000万円を超えない場合)
控除の金額は妻の収入に応じて減っていきますが、所得が38万円を超えてしまうといきなり控除が無くなってしまうわけではないので、少し安心ですね。

 

・会社独自の「家族手当」にも注意!
夫の会社によっては、妻の所得が年間38万円までの場合など(条件はその会社によって異なります)に「家族手当」が支給されることもあるでしょう。

 

妻の扶養が認められる基準は会社によってさまざまです。
妻の所得が1円でも出てしまうと、夫の会社の家族手当が打ち切りになってしまう可能性があります。また、所得が出ていなくても開業届を出した時点で扶養から外されてしまう会社もあるようですから、事前にしっかりと会社や健康保険組合などに確認をしましょう。

 

万が一、もらった分の家族手当までさかのぼって返却しろなどと言われたら大変ですよね。
所得が出てしまってからでは遅いので、夫の会社で家族手当がもらえなくなる条件をしっかりチェックしておくことをおすすめします。

 

配偶者控除が受けられなくなるよりも、会社の家族手当が打ち切られた方が痛い場合もありますから、専業主婦が収入を得る時には十分注意しましょう。

 

 

専業主婦でも年間38万円以上の所得が出てしまった場合、確定申告が必要となってきます。
確定申告で青色申告特別控除が受けられれば、年収103万円までなら夫の配偶者控除にも影響がなく、扶養内で収入を得ることが可能です。

 

オークションやハンドメイド品の販売などでお小遣いを得ている専業主婦の方は、ご自分に確定申告が必要なのかどうか、しっかりチェックしてください。
万が一確定申告が必要になってもいいように、経費の領収書などを保管し、帳簿も付けておきましょう。
(こちらは2017年4月の時点の情報です。今後制度が変わる可能性もありますから、十分注意してください)

このエントリーをはてなブックマークに追加